白髪染めあれこれ

クロエベールはマイナチュレよりおすすめの白髪染め!

マイナチュレは髪と頭皮に優しいトリートメントです。4つのオールインワンケアという新しい発想で白髪を染めます。

白髪ケアとスカルプケアに加えてヘアケアとエイジングケアができるので、使用するたびに髪が美しくなります。パーマ液やヘアカラー剤で髪や頭皮が荒れてしまう人におすすめできます。

敏感肌や肌荒れを起こしやすい人にも最適です。無添加処方のブランドを使用したい場合やしっかり染めたい人にも適しています。マイナチュレは気になる生え際や分け目の白髪も自宅でこまめにケアすることができます。たんに染めるだけでなく張りや艶のある髪になります。一般的なヘアカラー剤と異なりナチュラルな香りが特徴です。

 

カラートリートメントとヘアカラーの違い

カラートリートメントとヘアカラーには違いがあります。前者はトリートメントなので髪をコーティングするように染めます。何度使用しても髪へのダメージはあまりありません。マイナチュレは無添加処方のトリートメントなので、髪だけでなく頭皮にも優しい成分が含まれています。

ヘアカラーは毛髪内部で化学反応を起こして染めます。髪や頭皮にダメージを与えやすいヘアカラーもあります。
クロエベールは20種類以上の成分が配合されたトリートメントです。マイナチュレも優れたカラートリートメントですが、クロエベールはさらに髪に優しくしっかり染まるという特徴があります。

 

マイナチュレは髪を染めるだけでなく傷みをケア

髪を染めるだけでなく傷みをケアすることができます。扱いやすいのに加えて生え際がしっかりと染まります。

白髪染めや紫外線、ドライヤーなどが原因で髪にはストレスが蓄積されます。髪が傷んだままだと白髪を染めても老けた印象を与えてしまいます。クロエベールならば白髪を染めながら髪のケアをすることができます。

マイナチュレも髪に優しいトリートメントですが、クロエベールはさらに優れています。ホイップタイプで感触がよく、髪を美しくする20種類以上の成分が含まれます。10分間で髪のケアをしながら綺麗に染めることができます。

>>クロエベール 口コミ

 

ルプルプがマイナチュレよりすぐれているのはココ!

現在大人気になっている白髪染めと言えばルプルプです。一方で、マイナチュレヘアカラートリートメントも人気になってきています。このトリートメントについて、どちらを使った方がいいのかという点を比較してご紹介していきましょう。

染まり具合の比較はどうなっているのか

染まり具合については、両者あまり大差がありません。口コミなどでも、使ってみた感じではかなり短時間でどちらもソマリあまり問題にはなっていないようです。確かに染まるか染まらないかというところは、かなり重要なポイントですので、両商品とも、かなり力を入れて短時間で染まるように作られています。

 

成分を比較してみる

両者成分にどのような違いがあるのかということを考えてみると、ルプルプの方はまず天然の植物由来ですまりのうちすべての成分が無添加で香料や鉱物などといった問題のある成分などは使われていません。またさらに保湿成分としてラベンダーやオレンジローズマリーなどが使われているところも評価は高いですが、マイナチュレの場合も天然由来の植物繊維をしっかりと使用しています。保湿成分は、ホホバオイルなどといった天然成分でしっかり染める成分も天然由来である点も同じです。

 

コストの額はいったいどうなっているのか

となると最後の勝負になってくるのは、価格の違いですよね。ルプルプは通常価格マイナチュレも通常価格で比較してみると、圧倒的にこちらの方が安いというのが結論です。こちらの定期コースは、2本セットずつの購入になりますが、3240円で2回目以降は2本ずつで5832円です。

一方でマイナチュレの場合は3380円ですので、それは一本あたりということも考えると、およそ半額程度になってきます。確かにあちらの方は、定期コースにするとかなり安くなることもありますが、こちらはさらに1000円引きのコースなどもあるという点からすると、やはりコスト面でかなりいいのはこちらの方だということになります。

ということはルプルプの方がお勧めということが、言えるでしょう。初回お試し価格の場合は、さらに1000円引きで一本購入することもできるので、せいぜいそれほど大量に必要ないという人以外は、ループループを買っておいた方が硬いと言えます。染め具合や成分などもほとんど大差はないので、いつまでも白髪染めを使うという場合には価格が安いマイナチュレよりもルプルプの方を選びましょう。

ルプルプの口コミ

 

グローイングショットカラートリートメントの白髪染め効果は?

1929年に創業した化粧品会社ポーラが販売している白髪染めが、グローイングショットカラートリートメントです。

主な特徴としては、研究や開発から生産まで国内の研究所や工場で行われていること、ハリやコシのある美しい髪の毛を目指す成分が配合されていること、ヘアカラートリートメントの二つの役目を果たすこと、お風呂でも簡単に使うことができ、一回5分で色づくなどのうれしい特徴があります。

実際にこのような商品を使う際に、どれほどの効果が期待できるのかということが気になることと言えるでしょう。グローイングショットカラートリートメントの白髪染め効果としては、使用した後にしっとりとして、翌朝はまとまりやすくなったといううれしい声が聞かれます。美容室でカラーをしたり、市販のヘアカラー剤で白髪染めを行った場合には、髪の傷みが非常に激しくて、その後も髪の毛がパサついてまとまりにくくなってしまったという経験をした人は多いことでしょう。

 

グローイングショットで髪なめらか♪

しかしグローイングショットであれば、髪の毛へのいたわり効果があることから、安心して使用することができます。実際にグローイングショットカラートリートメントを使用した後は、しっとりとまとまるような感覚を味わうことができ、髪の毛の指通りも非常に滑らかです。また翌朝のセットにおいても、そのしっとり感が残っていることから、非常にまとまりやすいでしょう。

頭皮においてもカラートリートメントを使用した後は、乾燥もなくなり、それまでにかゆみがあった人でも、かゆみがおさまったという声も聞かれます。

まだ美容室でカラーリングを行った場合には、カラー成分が吸着しているだけであり、日が経つにつれてその成分がはがれてしまい、見た目が汚くなってしまうということがあります。しかしこの商品を使用した場合には、内側からもカラー成分が浸透してくる印象を持ち、日が経つとやはり多少は色が薄くなるものの、見た目にはそれほど影響があるものではありません。

このようなことから、美容室での白髪染めの回数を3分の1に減らしたとしても、見た目に影響はないでしょう。白髪染めの回数が3分の1になるということは、コストの節約にもつながります。そしてお風呂で使うことができるので、シャンプーなどに塗布して、5分程度放置するだけで、長期間のヘアカラーを維持することができます。

湯船につかっている5分程度の時間で済むことから、時間的にもデイリーケアに費やす時間はないに等しいと言えます。

グローイングショットカラートリートメント効果

 

 

マイナチュレカラートリートメントにデメリットはある?

マイナチュレカラートリートメントは、しっかりと白髪を染められると評判です。

全般的には良い評判が多く安心して使えますが、一部には気になるデメリットも存在しています。マイナチュレカラートリートメントのデメリットは、ドラッグストアでは買えないことです。

ドラッグストアや薬局などの店頭で手に取って買えると、初めてのときも気軽に試すことができます。またパッケージをよく見てから内容を確かめられるので、安心感も店頭販売ならあるでしょう。

しかし店頭では販売されていないマイナチュレカラートリートメントは、基本的には公式サイトのみの販売です。初めて購入する商品を店頭ではなくネット通販で買うのは、あまりネットショッピングをしない女性にはハードルが高いでしょう。

公式サイトでは商品の特徴も詳しく書かれているので安心してから購入できますが、それでも手に取って実物を確かめられないことに対して、不安を感じる人も少なくはありません。ですが販売先を自社の公式サイトに限定することによって、販売価格を下げられるメリットに繋がっています。

 

マイナチュレの販売店は公式サイトのみ

販売店が基本的には公式サイトのみであることに加えて、定期購入コースしか用意されていないのも気になる点と言えるでしょう。定期購入コースには、決まった間隔で商品が送られてくるので毎回注文する手間が省けるメリットがある一方で、決められた回数は必ず注文しなければいけないなどの条件がついているケースもあります。

また解約しようと電話をしたら、しつこく引き留められ嫌な思いをしたなどなど、ネガティブなイメージを定期購入に持つ人も多くいます。

そのため購入方法に1回だけ試せる定期購入コースしかないと、気軽に試せないと思うかもしれません。しかしマイナチュレカラートリートメントの定期購入コースは、1回だけで解約可能です。1回使って気に入らなければその場でやめることができるので、実は単品購入と変わりがありません。

単品購入と変わらないのに、値段は1回目は36%オフの3,000円、2回目以降は税別3,380円とお得に購入できるシステムになっています。

安く買えて1回で解約可能で、しかもやめるときの手続きにも問題がないなら定期購入コースのデメリットはほとんどなく、反対に毎回注文する手間が省けるメリットが大きくなるでしょう。マイナチュレカラートリートメントには店頭で買えない、定期購入を申し込む必要があるなどのデメリットはありますが、一度使ってみると気になりません。

マイナチュレカラートリートメント販売店

 

プリオールカラーコンディショナーを効果的に使う方法!

髪の状態が美しいままですと、いつまでも若々しく見せられます。白髪が目立ってきますと、それだけ老けて見える事もありますので、髪の毛の色が気になる場合には白髪染めを使うのが効果的です。

白髪染めは、コンディショナーや染毛剤などいくつかの種類が存在しており、いずれを使用するかはユーザーの用途次第ですが、プリオールカラーコンディショナーはコンディショナーであり、シャンプーで髪を洗った後に通常のコンディショナーのように使っていく製品ですので、お風呂に入ったついでに使えるのはとても便利です。

このコンディショナーは天然由来成分が配合されていますので、髪へのダメージを与える事は無く、逆に髪の艶を取り戻し、髪の根元からふんわりと立ち上がるような仕上がりを目指す事が出来ます。また、髪の根元から先まで滑らかな仕上がりにする事が出来ますので、効果的に使っていく事が出来るでしょう。

染毛剤や他のコンディショナーの場合、配合されている成分によっては髪にダメージを与えたり、地肌がかぶれたりといった事が起こる可能性がありますが、それは成分が体質に合わず、アレルギー反応が出ている為です。

その為、アレルギー反応が起こる可能性がある成分が配合されている製品を使うのではなく、天然由来成分が配合されている製品を使用する事で一層安全に髪の毛を染めていく事が出来るでしょう。

プリオールカラーコンディショナーを効果的に使う方法!

プリオールカラーコンディショナーを効果的に使うのであれば、コンディショナーを行う段階で、塗布した後に推奨時間よりも長めに放置しておく事が必要です。

推奨時間は5分となっていますが、10分から15分ほど放置しておけば、一層成分が浸透して白髪を目立たないようにする事が可能です。プリオールカラーコンディショナーには、マイクロクロスタリンワックスやミネラル、コラーゲンや天然海藻エキス保湿成分などが配合されていますので、髪の毛のダメージの補修や髪の艶の引き出しなどの効果にも期待出来ます。

プリオールカラーコンディショナーは白髪染め効果だけでなく、髪の艶やかさや潤いを取り戻し、髪の状態を良くする事でふんわりとしたボリュームを出す事が出来る製品に仕上がっています。プリオールカラーコンディショナーを間を置かずに使っていく事で徐々に髪に色がついていきます。

美しい髪の色を実現する事が出来ますので、他の製品を使うよりも効果的であり、ユーザーの望む仕上がりを目指す事が出来るでしょう。

プリオールカラーコンディショナー 口コミ

 

短い白髪は染まりにくい!?

白髪染めをするにあたって、短髪は染まりにくいのでは?という心配をされる方もいると思います。

白髪染めは、髪の毛を白髪の頭皮までしっかりムラなくつけないと、均一に染まりません。また塗り方にムラがあると、キレイに染まりません。美容室で染める場合は、髪質や髪の量で薬の塗り方を変えたりして、どんな髪の毛でもキレイに染めてくれます。しかし自分で白髪染めする場合は、案外難しいものです。

見ていると簡単そうに見えるのですが、実際自分でやってみると難しかったと感じたことはありませんか?自分でだと、後ろの方や見えない部分など塗りにくい所も多いです。

自分で染めると、どうしても塗りムラがあり、染まりが悪かったという事があるようです。髪の毛が長くても短くてもあまり関係ありません。

短い髪の毛を染めるときに難しいのは、白髪の生えている所にキレイに薬をつけられるかどうかです。
当然、薬のついていない部分は白髪が染まりませんし、薬の量にムラがあると仕上がりもムラになります。
また短くて髪の毛が硬いと白髪染めの薬をはじきますので、非常に塗りにくいのです。

こういった短い髪の毛の染めにくい点はありますが、短いと特別染まりにくいということは
ありません。髪の毛が長くても短くても、薬さえキレイに塗れていれば、白髪は染まるのです。

自宅で染める場合、カラーリングだとやはり染めるのも簡単ではないでしょう。
時間と手間がかかりますし、染めるまでどれくらい時間を置けばいいのかも難しい所かと思います。

トリートメント式の白髪染めなら、トリートメント感覚で塗れるのでとても簡単にできます。

髪の毛の長さにも関係なく塗れるので、短い髪でも問題ありません。
さらにトリートメントの効果もあるので、髪の毛を補いながら染める事ができておすすめです。
染まりにくいと思われがちな短い髪の毛にも、安心して使えますよ。

白髪を抜いたら余計生えてくるって本当?

昔からよく聞く話ですが、白髪を抜いたら余計に生えてくるから抜いちゃダメだよ!って本当でしょうか?

1本、2本白髪がちらほら目立ってくると、どうしても抜いてしいまいます。逆にたくさんあると諦めて抜かないというのはよくあることです。

なぜ、白髪は抜いてはいけないのでしょうか?

これは白髪を抜いてはいけないというより、髪の毛は抜いてはいけません。

髪の毛は、毛穴から生えていますが、実は1つの毛穴から2、3本の髪が生えています。白髪も同じで、1つの毛穴から何本かまとまって生えています。そのため、1本白髪を抜くということは、同じ毛穴から生えている毛も傷つけてしまいます。

このことを知っている方が以外と少ないので、みなさん白髪を抜きたがるんですよね~

さらに、毛を抜くと毛根を傷つけてしまうかもしれません。毛根にはメラニン色素も含まれますので、毛根が痛むと色素を作る力まで弱くなってしまいます。この場合、せっかく黒い髪の毛だったところまで、白髪になってしまう可能性があります。1つの毛根だけじゃなく、周りの毛根も傷ついてしまうので、周辺の毛も白髪になってしまうかもしれません。

ですから、白髪を抜くのはよくありません。ついつい気になってしまいますが、そこはぐっと我慢して白髪を抜くのは絶対にやめましょう。もし、どうしても白髪が気になる場合は、毛根ギリギリのところでハサミを使って切ってください。またすぐに伸びてきて目立ちますが、抜くよりはマシです。

白髪を1本でも抜くと、周りの毛根を傷つけてしまいます。
そして、白髪や抜け毛を増やしてしまうかもしれないということを、忘れないでください。

男性が白髪染めを選ぶポイントって?

男性が白髪染めを選ぶポイントをご存知ですか!

男性でも白髪を気にする人は多いと思います。お店で染めるのか、自分で染めるのか。
自分で染めるにしても、どのような方法で染めるのか、迷いますよね。

男性の場合、女性ほど仕上がりの色味を気にする人は少ないのではないでしょうか。
男性の場合は仕上がり重視の人が多いかと思います。

どんな色味であっても、いかに白髪を1本も残らずキレイに染められるのか?
どれだけキレイに長持ちするのか?といった所が、白髪染め選びの大きなポイントになる
のではないでしょうか?

男性は、女性よりも自分で髪の毛を触る機会が少ないかと思います。ですので、男性が
自分で白髪を染めるのは少し難しいかもしれませんね。特に見えない後ろの方は、女性
でも染めにくい部位です。

やっぱりプロに任せようという事で、お店で白髪染めをするのもいいかもしれませんね。

しかし、男性は女性よりも短髪の場合が多いので、白髪がすぐに目立ちやすい傾向があります。
1ヶ月に1度の白髪染めでは間に合わない人も多いのではないでしょうか。
そうなってくると、美容室での白髪染めが1カ月に1度以上のペースになりますね。
これでは、髪の毛へのダメージがかかりすぎてしまいます。

男性は髪の毛のダメージに女性ほど気を配らない人が多いので、気がつくと髪の毛がパサパサに…と言う事にもなりかねません。

そうならないためにも、白髪染めのペースを落とすか、髪の毛に優しい白髪染めに切り替えるのがいいかもしれませんね。

自宅で染める場合は、なるべく簡単に、なおかつキレイに染められるものがいいでしょう。
最近では泡タイプのカラー剤なども出ていますので、いいかもしれませんね。

また、トリートメントタイプの白髪染めもおすすめです。

男性はトリートメントを普段使わないかもしれません。しかし、白髪染めをしている場合は使った方が髪の毛をキレイに保てます。
トリートメントタイプの白髪染めは、白髪染めとトリートメントの効果が1度で得られるので、一石二鳥です。
それにトリートメントなので、男性でも簡単にムラなくキレイに染める事ができますよ。

ぜひご自分に合った白髪染めの方法を、探してみてください。

中学生が白髪に悩む!?若白髪の原因とは?

若いうちから白髪に悩む人も少なくありません。中には中学生から白髪になってしまう人もいます。

まだ若いのに白髪なんて…と、悩んでいる人が多いでしょう。

若白髪の原因ですが、基本的には遺伝的なものと考えられています。ご両親のどちらかに白髪があると、まれにお子様が10代のうちから白髪になる事があるようです。遺伝的な場合の白髪は避けられないので辛いかもしれませんね。あまり考えこまずに、ヘアカラーをしてもいいか学校に相談するなど前向きに考えましょう。

若うちはホルモンバランスがまだ整っていないので、思春期に一時的に白髪になるという事もあります。特に女性は月経などもありますので、ホルモンバランスが非常に不安定な時期でもあります。この時期は白髪もそうですし、抜け毛になる人もいます。若いうちからのこういったトラブルは本人がとても不安に思ってしまいます。親や周りの人がサポートしてあげる事が大切です。

他にも、生活習慣の乱れやストレスなどが影響して白髪が出てくる事があります。中学生でも、受験や
色んな人間関係の中で、ストレスを抱えているはずです。あまりにも大きいストレスは、大人と同じで
身体に悪影響を及ぼします。

髪の毛もストレスの影響を受けやすい部位なので、白髪や抜け毛になってしまいます。

また、偏った食生活や睡眠不測も白髪に関わりがあります。脂っこいものや炭水化物だけなど、
今の10代の人たちの食生活は偏りがちです。気になる人は、若いうちから野菜やミネラルなど
摂取しにくい栄養素も意識して摂るようにしましょう。

遺伝的な白髪ではない場合は、20代になると気付けば白髪がなくなっていた、という事もあるようです。
悩みすぎてストレスがかかっても、若白髪にはよくありませんので考えすぎないようにする事が大切です。

もし、今白髪をどうにかしたいと考えているのでしたら、徐々に染めることができるため、
回りにバレづらく、髪にも優しいこちらの白髪染めを使ってみてはいかがでしょうか?

白髪になる平均年齢って男性と女性で違うの?

白髪になる平均年齢は、日本人だと35歳頃と言われています。

これは全体が白髪になるのではなく、始めに白髪が生えてくる平均年齢のデータです。
男女でこの年齢に差はあるのでしょうか?気になるところです!

結論から言いますと、基本的に白髪に男女の差はありません。
どちらかの方が特別白髪になるのが早いなどというデータも私の知る限りありません。

ただ、男性のほうが白髪が早く目立ちやすいという印象がありますね。これは、男性が
短髪の方が多いからかもしれません。
やはり女性の長い髪よりも男性の短髪の方が根元が見えやすいので白髪があると目立ちます。

また、白髪になる事はストレスも大きく影響しています。
男性は仕事でストレスを溜めやすく、女性よりもストレスがとれにくいと言われています。
ですので、遺伝子的に白髪になる本来の年齢よりも、ストレスにより早めに白髪になってしまう
ケースがあるのです。

ただし、ストレスが影響している白髪の場合、ストレスがなくなるとまた髪が黒くなる事があります。
遺伝的な白髪と違ってメラニン色素が残っているからです。
仕事などのストレスは早めに解消しておきたいですね。

白髪になる原因は、遺伝的なもの、ストレス、生活習慣が主な原因です。男だから女だから
というのはあまり関係ないので、気にしないようにしましょう。

家系的に見て、男性のほうが白髪になりやすいなどという事はあるかもしれませんが、基本的に
は変わりありません。遺伝的な白髪になる時期は避けられませんが、ストレスや生活習慣は自分
でも見直す事が出来ますね。

あまりストレスを溜めない事、食生活など規則正しい生活を心がける事が、白髪の予防に
繋がるはずです。男女の差や平均年齢にはあまりとらわれないようにしましょう。