白髪を抜いたら余計生えてくるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔からよく聞く話ですが、白髪を抜いたら余計に生えてくるから抜いちゃダメだよ!って本当でしょうか?

1本、2本白髪がちらほら目立ってくると、どうしても抜いてしいまいます。逆にたくさんあると諦めて抜かないというのはよくあることです。

なぜ、白髪は抜いてはいけないのでしょうか?

これは白髪を抜いてはいけないというより、髪の毛は抜いてはいけません。

髪の毛は、毛穴から生えていますが、実は1つの毛穴から2、3本の髪が生えています。白髪も同じで、1つの毛穴から何本かまとまって生えています。そのため、1本白髪を抜くということは、同じ毛穴から生えている毛も傷つけてしまいます。

このことを知っている方が以外と少ないので、みなさん白髪を抜きたがるんですよね~

さらに、毛を抜くと毛根を傷つけてしまうかもしれません。毛根にはメラニン色素も含まれますので、毛根が痛むと色素を作る力まで弱くなってしまいます。この場合、せっかく黒い髪の毛だったところまで、白髪になってしまう可能性があります。1つの毛根だけじゃなく、周りの毛根も傷ついてしまうので、周辺の毛も白髪になってしまうかもしれません。

ですから、白髪を抜くのはよくありません。ついつい気になってしまいますが、そこはぐっと我慢して白髪を抜くのは絶対にやめましょう。もし、どうしても白髪が気になる場合は、毛根ギリギリのところでハサミを使って切ってください。またすぐに伸びてきて目立ちますが、抜くよりはマシです。

白髪を1本でも抜くと、周りの毛根を傷つけてしまいます。
そして、白髪や抜け毛を増やしてしまうかもしれないということを、忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*