男性も髪のツヤを大切に!理想の白髪染めはこれ♪

男性でも、女性と同じように白髪染めでキレイにしたいですよね。

白髪染めは普通のカラーリングよりも、薬がきつめになっている事が多いです。1ヶ月に1度の白髪染めを繰り返す事は、髪の毛から水分と栄養を奪い続ける事になります。その結果、髪の毛からツヤを失ってしまうのは、男性も女性も同じです。

女性はみなさん髪の毛のツヤやダメージを気にしますが、男性はそこまで気を使わないのでは
ないでしょうか?白髪が染まったからOK!という感覚でいると、気づいた時には髪の毛が
パサパサになっているかもしれませんよ。

美容室や市販のカラーリング剤は、先ほども申しましたが髪の毛から水分と栄養を奪います。
使い続けると髪の毛の水分や栄養はみるみる減っていってしまいます。

また、男性は女性に比べてもともと髪の毛に入っている水分量が少ない事が多いのです。
女性以上に、男性は髪の毛のケアを気をつけるべきなのかもしれませんね。

かと言って、白髪を全く染めないというのも難しい事だと思います。髪の毛のダメージも気に
なるけど、白髪染めはやめたくないという人には、トリートメント式の白髪染めがおすすめです。

トリートメントの白髪染め?

トリートメントの白髪染めなのですが、トリートメント成分が入っているので髪の毛を補いながら
白髪を染められます。また自宅で簡単にできるので、美容室に通う必要がありません。

男性だと、自分で染めるのなんて面倒くさい…
と思ってしまうかもしれませんが、シャンプーの後に全体になじませるだけなので、思いのほか簡単に
染められますよ。それに、男性はもともとトリートメントをする機会が少ないはずです。

白髪も染められてトリートメントもできるなんて、一石二鳥です。
ツヤのある潤った髪の毛は、男性でも若々しい印象でスタイリングもしやすいはずです。

ぜひ1度、ご自分でする白髪染めにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

敏感肌でも安心な白髪染めでツヤ髪へ♪

敏感肌でお悩みの方は、頭皮のお手入れにも気をつけないといけませんね。

お肌のお手入れは、お肌が直接目に見えるので分かりやすいですが、頭皮には髪の毛が生えていますね。髪の毛をかきわけないと頭皮は見えませんし、お手入れもしにくい所だと思います。また敏感肌だと、普段使うシャンプーやトリートメントにも気をつけないといけません。なるべく頭皮に優しいもので、汚れを落としすぎないものがいいですね。

特に男性は、頭皮に気を使う人も多いでしょう。

シャンプーだけでなく、パーマやカラーリングをする人は、薬剤にも気をつけないといけません。普通に使われている薬剤では、敏感肌にはきつすぎるかもしれません。頭皮が荒れたりトラブルを起こさないように、極力優しい薬剤を使いましょう。

敏感肌の方は、なるべくパーマやカラーは避けた方がいいのですが、白髪がある場合はとても気になりますよね。やはり敏感肌でも、白髪はキレイに染めておきたいものです。美容室でも、敏感肌の人にも使えるカラー剤がありますが、やはり合わないという場合もあるでしょう。

ヘアマニキュアは頭皮につけないので安心して使えますが、仕上がりにムラがありますし、
すぐに色落ちしてしまいます。

そこで敏感肌の方には、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。
トリートメントタイプですので、髪の毛にとても優しい成分でできています。頭皮にもとても優しいので、
敏感肌でも安心して使えます。

また、普通の白髪染めだと酸化剤などが入っていて、髪の毛に大きなダメージがかかってしまいます。
しかしトリートメントタイプは初めからトリートメント成分が入っているので、髪の毛を補いながら染める事が出来ます。仕上がりも、普通のカラー剤よりもツヤのあるキレイな仕上がりになります。

自分で染められて、なおかつキレイに染められるので、簡単で嬉しいですね。
敏感肌の人でも安心して使える白髪染めだと思います。ぜひ試してみてください。

白髪染めと育毛剤は併用しても大丈夫?

白髪染めをしている人の中には、毎日のお手入れで育毛剤を一緒に使いたいと思っている人も
いるかもしれません。

用途の違う白髪染めと育毛剤は、併用してもいいのか悩みますね。

やはり白髪染めも育毛剤も薬品ですから、むやみに多くの量を同時に利用するのはよくありません。
髪の毛にも頭皮にも負担がかかってしまいます。思わぬトラブルにも繋がりますので、無理な併用は
あまりおすすめできません。

もし同時に利用したいのであれば、なるべく刺激のないものを選んでください。育毛剤にも白髪染め
にも、たくさんの種類がありますね。その中から、頭皮や髪の毛に負担の少ない商品を探してみてください。

といっても、自分ではなかなか分からない所もあるでしょう。
お店や美容室で、専門家に聞くのが一番です。

育毛剤の中には、カラー剤などのほかの薬品と併用する事が禁止されているものもあります。
使用方法をよく調べてから、利用するようにしましょう。

また、白髪染めも、極力ダメージのかからない方法で行ってください。育毛剤を毎日使っていると、頭皮が
健康になっているイメージですが、少なからず負担はかかっています。
もし美容室で染める場合は、美容師さんに育毛剤を使っている事を必ず伝えましょう。

ヘアマニキュアや、一時染めなどを利用するのもいいですし、トリートメントタイプの白髪染め
などもあります。トリートメントタイプだと、髪の毛のダメージを補いながら白髪染めができるので
おすすめです。

育毛剤による頭皮への負担もあまり気にせず利用できるでしょう。
白髪染めの際に、髪の毛や頭皮への影響をなるべく減らす事も、育毛の効果に繋がります。

パラベン・香料はなぜ髪や頭皮に負担がかかるの?

シャンプーやカラー剤などに含まれている、パラベンや香料は、髪や頭皮にどのような影響が
あるのでしょうか?

パラベンというのは、防腐剤の中に含まれているものです。シャンプーなどの化粧品は、酸化
してしまうと、品質が少しずつ落ちていってしまいます。買ってきたままだと大丈夫ですが、
開封した瞬間から酸化は始まります。

その酸化を防ぐのが、防腐剤です。

防腐剤には酸化を防いで、長期間にわたり品質を保つ効果があります。今はほとんどの
化粧品などに使われているのではないでしょうか。
そして商品の使用感をよくするために用いられるのが、香料です。香料も本来はいらない
ものなのですが、化粧品やシャンプーなどの香りは商品を選ぶ時の大きなポイントにもなります。

その防腐剤や香料ですが、敏感肌やアレルギーの方には悪影響を及ぼす場合があるのです。
全ての人にアレルギー反応が出るわけではありませんが、まれに痒みなどのトラブルが発生します。

お肌や頭皮に少しでも不安や悩みのある人は、このような防腐剤や香料などが大量に入ったものを使うのは、少し注意が必要ですね。

気づかずに使ってしまい、痒くなってきた!などのトラブルを避けるためにも、使用前に商品のチェックをしておきましょう。最近では、無添加のシャンプーや化粧品も多く出ていますので調べてみてくださいね。

特に頭皮というのは意外と敏感な部位ですので、シャンプーやカラー剤などには気をつけましょう。
敏感肌の方は、シャンプーは無添加のものを、カラー剤などの薬品は極力ダメージの少ないものを
使うようにします。カラー剤は、ヘアマニキュアやヘナカラー、トリートメントタイプのものなどがあります。

これらにはパラベンや香料が大量に含まれていませんので、安心して使用できるはずです。

男性用と女性用の白髪染めは違うの

市販の白髪染めのコーナーには、男性用と女性用の商品が分かれて置かれていますね。

この男性用と女性用の商品に、違いはあるのでしょうか?

基本的に、カラー剤は成分もしくみも変わりません。ですので、男性用でも女性用でも、基本的には中身は同じです。どちらも白髪を染められるものであり、男性用だからといって女性は使えないという事はありません。

していうなら、女性用よりも、男性用の方が早染めのタイプのものが多いかもしれませんね。

そして男性用の方が、カラーのバリエーションも少なめでです。

男性の白髪染めのポイント!

男性の白髪染めの場合、白髪がキレイに染まればいいと思っている人が多いです。
仕上がりのカラーのバリエーションよりも、いかに早く、キレイに白髪を隠せるかという所がポイント
なのです。女性ほど、白髪染めにおしゃれの概念がないのですね。

黒、ブラウン、明るめのブラウンなどの3色だけの商品もあります。

それにくらべて女性用の白髪染めは、カラーのバリエーションが豊富です。
白髪染めといっても、おしゃれもしたい女性は多いので、それぞれニーズに合わせて商品を
分けているのですね。だからといって、必ずその通りに使う必要はありません。

女性が男性用を使用しても、全く問題ありませんし、白髪はキレイに染まります。

もしも男性で、女性のようなカラーのバリエーションがほしいのなら、女性用の商品を見てみてください。
きっと男性用の倍以上のカラーバリエーションなのではないでしょうか。

実際に美容室で使われているカラー剤も、男性と女性で分けているお店はありません。
使う色味と量が違うだけで、使い方や仕上がりは全く変わりありません。

男性が美容院で白髪染めするのはありか?

男性でも白髪に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。ですが、男性が美容院で白髪染めをしているのってあまり見かけたことがない気がします。

男性が美容院で白髪染めするのはありか?なしか?

白髪に男女の差はありません。男性でも女性でも、白髪は染めてキレイにしておきたい思いは同じです。

男性でも、美容室で白髪染めをしたいという人は多いはずです。実際にしている人もいますが、恥ずかしいなどの理由でなかなか行けないという人もいるようですね。

男性でも美容室で白髪染めをする事はできます。女性が多いイメージですが、美容室で
男性の白髪染めは案外多いものです。もししてみたいと思っているのであれば、あまり考え
込まずに一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

白髪染めは男性も女性も同じで、美容室で行う際には主にカラーリング剤で行われます。
カラーリングのしすぎは、髪の毛から水分や栄養を奪いますので注意が必要です。
女性は普段からトリートメントなどに気を使っていますが、男性はなかなかしないですよね。
美容室で白髪染めを繰り返しているうちに、気が付けば髪の毛がパサパサだった!
なんて事もよくあります。

男性でも、美容室で白髪染めをする際にはダメージに気をつけてください。

中には、毎月美容室に通うなんて面倒くさい!という男性もいるでしょう。
それでも白髪が気になる場合は、自宅で白髪を染めるのがおすすめです!

ただし、自宅で染める場合も、市販の白髪染めでは美容室のものと同じでダメージが気になります。
トリートメント式の白髪染めというのがあるのですが、これだとカラーリング剤のようなダメージの
心配がありません。男性でも簡単にムラなく染める事ができます。

面倒くさがりの男性にもぴったりだと思います。

男性でも美容室で白髪染めをする事は問題ありません。

しかしダメージや手間がかかるという人は、ご自宅でトリートメント式の白髪染めも一度
試してみてはいかがでしょうか?

男性用白髪染めはどれがいいの??

30代を超えたぐらいから、生え際の白髪が目立ってくるという方が多くいらっしゃいます。40代を超えると、さらに白髪率が上がります。人によっては生え際だけではなく、前髪やトップの部分にも白髪が目立ってくる方もいらっしゃいます。

男性用白髪染めといえば、ドラッグストアや薬局で販売している即効性のあるものを思いつくと思います

ところが、ドラッグストアや薬局で販売している白髪染めの大半は、髪や頭皮に対する刺激がかなり強くて、場合によっては白髪染めアレルギーになってしまう場合もあります。そして、仕上がりもゴワゴワになってしまうものが大半です。

いくら白髪を染めたいからといって、あえて髪や頭皮に悪いものを使うことに
抵抗がありますよね?

そんな、あなたにおすすめなのが最近女性の間でも流行っている
白髪染めトリートメントです。

トリートメント効果があるので髪を傷めずに白髪を染めることができます。
しかも、使う度に髪がツヤツヤになるんです。

男性用白髪染めと女性用白髪染めって何が違うの?

男性用白髪染めと女性用白髪染めって何が違うのでしょうか?

結論から言いますと、男性用の白髪染めと女性用の白髪添めに違いはありません。

あえて言うなら、男性が好きなカラーと女性に好きなカラーがあるので、カラーバリエーションで
男性用と女性用を分けている場合もあります。

基本的に女性に人気の白髪染めを男性が使っても問題ありません。
これからの時代は男性も髪の傷みにを気を使い、髪や頭皮にやさしい
白髪染めを使うべきです!

当サイトでは、男性に人気の白髪染めについて紹介しています!


利尻ヘアカラートリートメント

白髪を染めるときの「髪の乾燥、パサつき、傷み」「頭皮が痛い」「刺激臭が苦手」などのお悩みや負担を軽減するために開発されたヘアトリートメントです。
天然利尻昆布をはじめ髪に良い成分を贅沢に配合しているので、内側から美しい髪へと導いてくれるんです。自宅で簡単に白髪ケアをしたい!ツンとくる臭いやヒリヒリ感を味わいたくない!
そんなあなたの理想を現実化してくれるでしょう!


マリアンナプラス 煌髪

独自開発した「ヘアキューブ」という毛髪浸透促進成分を配合。
厳選された天然染料や養毛効果が期待できる18種類の栄養成分を毛髪深部へ毛髪表面を損傷することなく浸透させる医大技術が売りなんです。さらに、自宅で簡単シャンプー前の10分で染めることができるので、忙しいビジネスパーソンでも安心して使用することができます♪


ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム

1回でしっかり染めたいならこれで決まりです!たった1回でしっかり染まる泡の白髪染めです。
空気で染めるから髪を傷めにくく、医薬部外品の確かな染毛効果を実感できるでしょう!
今までの白髪染めに満足できなかった方に特におすすめしたい白髪染めです。3つの「海の恵み成分」を配合で、染め上がり「しっとり&ツヤツヤ」モニターアンケートで92%の人がさわやかな香りに満足するはずです!